その他 様々な症例

その他 様々な症例

大臼歯喪失の症例

大臼歯喪失症例

大臼歯喪失の症例
初診時年齢27歳の女性。奥歯を失ってしまい、インプラント以外の方法はないかと来院。
上顎左右の第一大臼歯(前から6番目の奥歯)が残根状態(歯冠が崩壊し歯根のみが残っている状態)であり、下顎左側第一大臼歯も歯科治療の予後が悪く、長くは持たない状態でした。機能回復のために、ブリッジやインプラントによる修復は容易ですが、年齢も若いため、出来るだけ自分の歯で何とかしたいとのことで、矯正治療のみで機能回復することにしました。本格矯正治療(Ⅱ期治療:永久歯列期の矯正治療)にて、上顎左右第一大臼歯の残根、下顎左側第一大臼歯の抜歯を行い、奥歯を前方に移動してスペースを閉じていきました。治療後は、抜歯したスペースは完全に閉鎖され、ついで上下の叢生も改善され、良好な咬合になりました。
使用装置:マルチブラケット装置(上下顎) 
治療費の目安:約80万円(税別)
動的治療期間:1年7か月

人はそれぞれ顔の形や骨格が違います。そのため、いつ頃どのように矯正したらよいのかも、人によっても様々です。上記の症例は、院長が過去に行った治療症例の一部です。症状が似ていても、骨格や年齢、口腔習癖の有無、お口の状態等によって治療期間や方法は異なりますので詳しくは当院までご相談(無料)ください。

出っ歯(上顎前突)の症例    受け口(下顎前突)の症例
すきっ歯(空隙)の症例    でこぼこ(叢生)の症例
上下顎前突の症例    
開咬合の症例
過蓋咬合の症例    
その他の症状