大人の矯正

大人の矯正治療(Ⅱ期治療)

永久歯列(12歳ぐらい~)から始める治療です。

矯正治療の必要性

歯並び治療の目的は、見た目をきれいにすることはもちろんですが、かみ合わせを改善し、その周囲の軟組織との調和を図り、お口の健康を保つことにあります。きれいな歯並びは、歯や歯周病のリスクを減らし、歯の寿命を延ばすことができます。「歯は生命の土台」であり、お口の健康を維持していくことは、心身ともに健康的な生活を送っていく上で大変重要なことです。

大人の矯正治療症例

矯正治療に年齢制限はない

矯正治療による歯の移動は、歯に力が加わると、歯の周りの骨が吸収と添加を繰り返すことによって起こります。歯や歯周組織が健康であれば、年齢制限に関係なく治療が可能です。子供の頃に矯正治療のタイミングを逃してしまったと思っている方、年齢と共に歯並びが悪くなってきている方、今からでも遅くはありません。

装置の見た目について

装置の見た目や装置の違和感などが気になるという理由で、抵抗を感じている方もいらっしゃると思います。当院では、前歯4本に審美ブラケットを使用した装置が標準仕様となっています。

標準仕様装置は前歯4本審美ブラケット

最近では、目立たない装置や違和感が少ない装置など大人の方でも抵抗なく始められる矯正装置もあります。

▼裏側矯正コンビネーション

裏側矯正


▼上下顎裏側矯正
裏側矯正


>>目立たない矯正、裏側矯正のページへ

人によって要望は様々

患者さんの中には、「この前歯1本だけが気になる」「治療期間も治療費もかけたくない」などの声を頂く場合があります。これらに配慮して、気になる所だけを治す部分矯正もあり、希望に添える治療計画をご提案させて頂きます。